リースに関わるサポート内容は会社によって異なる

注目記事

リースならランニングコストが管理しやすい

コピー機のリースを利用するメリット 会社内では…

READ MORE

毎月のリース費用は経費で処理できる

コピー機のリースは専門通販サイトを利用してみては…

READ MORE

コピー機をリースするメリットにはこんな事がある

コピー機を購入するべきかリースにするべきか迷う事も多いのではないでしょうか。購入ではなくリースにする事にはどんなメリットがあるのか、リースの強みについて書いていきたいと思います。まずリースは分割での支払いになるので1度に大きな金額を支払う必要がなくなります。
そして固定資産にも計上されず全額経費として計上できるので資金面の効率が上がります。また購入したコピー機であれば十分に元を取るまでに買い換えてしまうと損をしてしまいます。しかしリースではその心配はありません。契約期間が終了すれば常に新しい設備を導入する事が出来るメリットもあります。
更にコピー機を導入する際には様々な事務処理が発生してしまいますが、リースであればリース会社がその業務を請け負う事になるので事務作業も減らせます。リース会社を選ぶ際は料金面だけでなく、サポート体制がしっかりと整っている会社を選びましょう。万が一トラブルが発生しても対応してくれないとなると仕事に差し支えが出てしまいます。
コピー機のリース会社はたくさんあり、それぞれ特徴が違います。料金やサポート体制が強みの会社もあればネットワークセキュリティーなどの他の分野にも対応してくれる事がウリの会社などそれぞれに長所があります。専門通販サイトを利用してリサーチするなどし、総合的に判断してリース契約を結びましょう。

コピー機のリースをすると意外なメリットが

コピー機をリースすると色々なメリットがありますが、目に見えて変化が感じられるのは何といってもトナーカートリッジの心配から解放されることです。
仕事中、大事な案件で書類を作っているときに限って発生するあの憎たらしいトナー切れは事務方をしている人なら一度は経験があることと思います。特にカラー機だとどれか一色がトナー切れを起こしてしまうと白黒印刷も使えなくなる機種も多いですので、業務上致命的な時間ロスが発生することになります。
リース物件ですとプリンターのカウント数を管理してくれるサービスもあるのでコピー機がトナー切れになる前に予備を送ってくれたり、持ってきてくれたりします。
もちろん急きょ大量印刷する場合などは、連絡を入れておく必要がありますが、基本的に今後はトナーのことは考えなくてよくなります。
他にも、各種サプライ商品や機械トラブルに関しての1次対応にも応じてくれるサービスもありますので、多少の経費がかかってもリースにしておく方が何かと便利です。
専門通販サイトですと各メーカーの見積もりやサービス概要を比較して、使い方に合ったサービスを見つけやすくなります。やはり、機械のことは専門業者に任せておくのがスムーズな仕事環境の維持につながります。

Copyright(C)2018 コピー機のリースは各社の見積もりが比較できるネットが便利 All Rights Reserved.